ACT Project

マークはIDとパスワードが必要です

ACT Project アクトスケジュール アクトコラム ブログ リンク

BLOG

ロビーの情報一覧

平成26年10月24日第91回東 敦子メモリアルシリーズ・コンサートが
東京音大J館ロビーにて開催されました。
今回は、「オペラの世界へようこそ ―フィガロの結婚ー」と題しまして、
モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』のハイライトを上演しました。
30分という時間の中でオペラをわかりやすくピアノ伴奏と共にお届けする
というこの新たな試みは、オペラを見に行くきっかけを提供したいという
スタッフの思いから始まりました。初挑戦と言うこともあり、まだまだ改善
点もありますが貴重な一歩を踏み出せたと思います。
会場は110名のお客様で賑わい、「わかりやすく楽しめた」とアンケートでも
好評でした。 (lisa)

詳細はこちら



平成26年9月12日(金)
第90回東 敦子メモリアルシリーズ・コンサートが『月の光に魅せられて』
をテーマに東京音大J館ロビーにて開催されました。
演奏曲目はベートーヴェン作曲、ピアノソナタの「月光」やフォーレ作曲
『四つの歌』より「月の光」など…。
ピアノは月の光のほのかさを表すように繊細で美しく、また声楽も、
月の明りでお客様に優しく光を送るかのような演奏でした。
この演奏に呼応して、皆が自然と一体となり会場が静寂だったのが印象的
です。64名のお客様が自然と相和して、月の光の優しさを味わう
ひとときとなりました。 

(ibu)

詳細はこちら



平成26年06月12日(木)

第89回東 敦子メモリアルシリーズ・コンサートが、『ユーフォニアム×テューバ〜金管楽器、低音の魅力』をテーマに東京音大J館ロビーにて開催されました。

演奏曲目は、八木澤教司作曲「ラーメン・ヌードルズ」やJ. バーンズ作曲(木村皓一編曲)「ヨークシャー・バラード」等。

ユーフォニアムの柔らかく美しい音色とテューバの格好良い低音が組み合わさり、威厳のある堂々とした音が印象的でした。

最後の曲では優美なピアノ伴奏も加わり、60名近いお客様が低音の魅力を味わうひとときとなりました。(ibu)

詳細はこちら



平成25年12月03日(火)
第86回東 敦子メモリアルシリーズ•コンサートが、『生誕記念〜ヴェルディ•ワーグナー•ブリテン〜』と題し、東京音大J館ロビーにて開催されました。
コンサートの最初と最後は、生誕100年のブリテンのキャロルの旋律を合唱が歌いながら入退場し、クリスマスを思わせる演出で魅了――加えて、生誕
200年にあたるワーグナーとヴェルディのアリアが、それぞれ深みのあるバリトンと伸びやかなソプラノで紹介され、80名近いお客様から沢山の拍手を頂きました。

(ibu)

詳細はこちら



平成25年10月08日(火)
第85回東 敦子メモリアルシリーズ・コンサートが、『Murakami Haruki』をテーマに東京音大J館ロビーにて開催されました。

村上春樹の小説には、クラシックのみならず多様な音楽が叙述に織り込まれています。コンサート前の会場では、小説に登場するポップス系音楽をBGMで流し、小説の世界への導入としました。

コンサートは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番の深く聡明な音色で開始し、さらにリスト、ドビュッシー、ベートーヴェンの演奏を通して、70名近いお客様が村上春樹の世界を音楽で味わうひとときとなりました。

詳細はこちら



 平成25年9月19日(木)
東京音大J館ロビーにて、『親愛なるあなたへ』をテーマに第84回東敦子メモリアルシリーズ・コンサートが開催されました。
今回のコンサートは、音大で学ぶ「クラッシック」の枠を超え、「シャンソン」や「J POP」でも聴衆の心に響く音楽を届けたい・・・と

いう思いから、中島みゆきの≪時代≫などをプログラミングしたものでした。ピアノ、ピアニカ、そして声楽の響きが会場のお客様の心に語りかけ、癒しを感じさせるひと時となり、80名近いお客様からたくさんの拍手を頂きました。

(ibu)

詳細はこちら



平成25年7月9日(火)
『30十分間世界一周』をテーマに東京音大J館ロビーにて、第83回東 敦子シリーズコンサートが開催されました。
コンサートでは、伊佐治直 作曲の≪炎の蔦≫を筆頭に、日本、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、アメリカ、の歌曲で世界をめぐるという趣向です。
ギターとピアノを伴奏に各国の言語の特徴と曲調を歌い分けた30分間。
90名近いお客様から沢山の拍手を頂きました。

(ibu)

詳細はこちら





演奏会・イベント投稿フォーム

Facebook